腹膜透析

機械

一般的に昔から利用されてきた透析方法として血液透析があります。
血液透析は主流となっており、多くの患者が利用しているものですが、血液透析を行う場合、多くの時間を必要とするものです。
通常腎臓では、他の臓器の働きを行いながら体内でろ過といった機能を活動しています。
しかし、ダイアライザーでは腎臓程の小型化はまだ進んでおらず、利用するには病院への通院が必要になるものです。
また、ダイアライザーを利用した透析方法では、週に2.、3回治療を行う必要があり、一回当たりに必要とする時間としては4,5時間かかってしまうのです。
上記の透析治療を軽減するために、近年ではもう一つの方法があります。
それは腹膜透析です。腹膜透析を説明していきます。

●腹膜
ダイアライザーを使用する方法ではなく、現在では透析液と呼ばれる液体が登場しています。
この透析液は体内に入れることで浄化作用を得ることができるものです。これにより透析中にも動くことが可能になります。
しかし、透析液は毎回体内に出し入れするため、手術などでチューブを取り付ける必要がでてきます。このチューブのことをカテーテルといい、術後には身体からこのチューブの一部がでてしまいます。

●機能
上記のような腎不全のカバーを行う治療法でも誰しもすぐに行わなければならないものではありません。
内科では、一般的に腎臓の機能が10%以下にならなければ透析を行わない傾向にあります。

治療

内装

腎不全を引き起こした場合、腎臓の機能が極端に低下すると前回の記事で述べました。
この機能を回復することは珍しく、極端に機能しなくなった場合は透析治療を行います。
透析治療に関することを書いていきます。

●方法
腎臓を使用することで人間は体内の血中に毒素などが混ざることを防いでいます。この機能がない場合尿毒素と呼ばれるものが全身に回り重篤な症状を引き起こします。
これらの症状のことを尿毒症と呼び、体内に蓄積された毒素などによる症候群のことを指します。
影響を及ぼす範囲としては消化器官、心臓、脳神経といった場所に影響してくるものです。

腎不全は30年前までは治療方法がなく、死者が多く出る病気でしたが、透析治療が確立されてからはその死者数を劇的に減らすことができています。
透析治療とは、腎臓で行われていた浄化作用を、人工的に機械を利用することで再現できるようにしたものです。
腎臓のように完全に体内で行われるものではないため、治療には多くの時間がかかります。また、腎不全は移植しなければ改善出来ない為、移植を行わない場合ずっとこの治療が必要になってきます。

利用される機械はダイアライザーと呼ばれるものです。体中の血液をダイアライザーに通すことで血中の毒素などを浄化することができるのです。
また、透析内科にはもう一つ治療方法があり、どちらの治療方法を行おうにしても体内に取り付ける必要のあるものがあります。

腎不全

外観

内科では様々な治療を行います。その治療方法などは専門性に特化してきており、よりレベルの高い治療を受けることができるようになってきています。
病院により、呼び方は異なりますが、腎臓内科、透析内科と呼ばれるものがあります。
この内科では腎臓に異常がある場合などに利用されます。主な異常として腎不全を上げることができる。
腎不全はいくつかの要因で発祥するものです。
この腎不全に関することを書いていきます。

●腎臓
腎臓は一般的に身体の毒素などを浄化する役割があるとして認知されています。
浄化とは、体内に蓄積される老廃物などを体内に循環させないためのものです。これらには毒素が混じっており、血液中にこの毒素が混じったまま身体を巡った場合、ダメージを負ってしまうものです。
この毒素を取り除く効果を腎臓は備えているのです。

上記の腎臓の効果は通常です。しかし、腎不全になるケースも多くあります。腎不全とは腎臓の機能が極端に低下してしまうもののことをいいます。
腎不全を起こしてしまった場合血液のろ過が難しくなります。
回復するケースもありますが、回復しない場合透析治療を行う必要があります。この透析は腎臓の代わりにろ過することが可能になるものです。