受診

点滴の機械

前回の記事でも述べましたが、病院に通院し、初めに診療を受ける科は内科です。
一言で内科といっても様々あり、診療結果によって自分が受ける治療方法などが決定されます。
一般的な頭痛や風邪などの症状に関しては内科のどこと言わずに診療を受けることができますが、その症状などが重篤な場合、専門性の高い内科を紹介するケースもすくなくありません。
患者を初受診する内科の場合、この初期判断は極めて重要になってきます。
透析も内科で行えます。

内科とは対象的な科として外科があります。
外科は薬物療法といった治療法は行わず、手術などの治療を受けるものが外科になります。
主に理由されるものとしては、薬物などの効果を待つ猶予がない場合などです。こういった場合早急に外的アプローチによる治療を行う必要性があるのです。
上記の理由から、外科は病気や症状など正確な情報を把握した際に行われる治療法になります。